現在ではブラウン管のテレビに代わって液晶テレビがメインとして使われるようになり、薄型テレビをお使いの方が増えていることになります。室内に設置した場合でも、非常にコンパクトになることから、大きな利便性を感じることができます。しかし、現在では薄型テレビのメリットを活かしてテレビを壁掛け用として設定される方が増えていることも実情です。

この方法であればテレビボードなどを必要とせずに設置することができ、多くの人が集まるような場所でも十分に効果を発揮させることができます。この方法では専用のテレビ壁掛け金具が必要になりますが、その種類は豊富に用意されていて、主に汎用金具として用いることのできるタイプがメインで販売されています。例えば賃貸住宅の場合では、壁に対して穴などを開けてしまうことが難しい状況にあるので、ホッチキスで留めることのできる金具も販売されていて、主に石膏ボードに対して施工できる種類になります。

他には木材などを含めてビス止めを行う方法で専用のアームが設定されているタイプもあり、この場合では上下左右に自由にテレビの角度調整を行うことができるので、非常に便利に使えるシリーズとして販売されています。テレビ壁掛け金具の場合では、液晶テレビの裏面に予め数ヶ所にネジが設置されているので、このネジを活用した方法で、固定することが基本です。どのような薄型テレビにも対応できる金具も存在していて、正面からは金具類が見えないように設定できるスタイリッシュな金具も存在しています。