最近のテレビは薄型のスタイリッシュなものになっていますが、今までのようにテレビ台の上に置くと、スペースが無駄になってしまいますし見た目もすっきりしません。そんな時、テレビ壁掛け金具を使って壁に設置すると、部屋を広く使えますしオシャレな空間を演出できます。
そのテレビ壁掛け金具を選ぶときには、まず壁に穴を開けられるかどうかを検討します。賃貸住宅などで穴を開けることが難しいようなら、エアーポールを選ぶことになります。
価格を重視してテレビ壁掛け金具を選ぶなら、ベーシックタイプの金具を選択すると良いでしょう。見る側によっては金具が見えてしまう場合もありますが、シンプルな構造であるため壁に薄く張り付く形で設置が可能です。

デザインを重視している場合は、白いスタイリシュタイプの金具もあります。金具自体が綺麗に仕上がっているので、どんな角度から見ても見苦しくありません。
また、用途を考えて選ぶことも重要なポイントです。いつも同じ位置からテレビを見るならば、角度固定タイプの金具を選ぶとコストパフォーマンスも良くおすすめです。
いろいろな場所からテレビを見る場合は、上下と左右にアームがふれて角度の調節ができるタイプを選ぶようにすると良いでしょう。このタイプの金具は、壁からすこし隙間があくので、配線などの処理がしやすいというメリットもあります。部屋の模様替えなどにも対応しやすいため、予算に余裕があるならばこちらのタイプが良いかもしれません。