壁掛けテレビはDIYでも行えますが、自力で行う場合はまず壁の材質をチェックする必要があります。基本的にはどの壁でも取り付けることは可能なものの、ただコンクリートの場合ですと個人で行うのは難しいことがありますので、業者に頼んだ方が良いと言えるでしょう。

設置できる壁であることを確認したら壁掛け金具を用意しますが、金具には種類があります。完全に角度が固定されているタイプもあれば、上下に角度を変えられるタイプもありますし、他にもアームが飛び出ており左右に動かせるタイプもありますので希望に合わせて準備します。
実際の作業の流れとしてはまず専用金具をテレビの方に装着します。ドライバーを使って装着するだけですのでこの作業に関しては特に苦労することはありません。

次に壁に穴を開けますが、位置を誤らない為にも高さや場所についてよく確認をした方が良いでしょう。また目視だけですと角度が斜めになったりしますので水平器で角度を確認したり、ペンで確実に穴開け位置を示しておくと安心です。
なお日本の家屋では石膏ボードがよく利用されていますが、ボードの裏側には間柱という家を支える柱が存在します。そこに取り付けを行うようにするのが安全な方法ですので間柱の位置についても確認することが大切です。石膏ボードのみの場所ですとボードごと落下する恐れがありますので注意が必要です。
穴開けをしたら壁側にも必要な金具を取り付け、後はテレビに装着した金具と結合させて完了となります。