テレビを壁に設置する作業は自力でも行うことが可能です。ただしDIYで行う場合は取り付けることができる壁なのかどうかを確認する必要があります。
取り付け可能な壁としては石膏ボードが挙げられますが、難燃素材でありよく用いられています。そして石膏ボードの場合ですと自力でも取り付けることが可能です。しかしながら石膏ボードの場合でも中に取り付けることができる間柱がないと難しくなります。

間柱は住宅の骨組みのことであり、頑丈に家を支えている柱です。そこにビスを打ち込むなどしないと落下してしまう可能性があるのです。間柱は通常狭い間隔で配置されていますので大体の場合はテレビを取り付けたい位置に存在するはずです。

壁掛けテレビができる場所の探し方ですが、壁を叩いてみることによって発見することが可能です。柱のない部分は空洞になっていますので軽い音がしますが、柱があるところですと硬い音を確認できるはずです。なお、縦に入っているのかそれとも横に入っているのかも確認する必要がありますので、上下左右も確認をしてみた方が良いでしょう。

音で判断することが難しかったり心配な場合は専用のセンサーを活用して探すこともできます。これは壁に当てて移動させることによって柱のある部分を示してくれるアイテムですが、ホームセンターでも購入することが可能です。金額的にも1000円~2000円程度のことが多いようです。より確実に判断できますので用意しておくと役立ちます。